HOME>特集>部屋の条件を考えてみれば、配色にも気を配る

目次

色から見る改善点

女性作業員

海老名エリアでは、住まいのメンテナンスのみならず、気分によってリフォームを行うケースがあります。屋根・外壁塗装などの外装のリフォームは10年に1度行うことが理想ですが、内装は新築から1年経過してなくとも、環境に変化をつけたいのならば可能です。最近は、DIYにて行なわれることもありますが、こだわるならば、専門業者に依頼をするのが利口です。特に壁紙の張り替えに関しては、素材、色選びがポイントになります。利口な人は、色でその部屋の居心地が変わることを知り、内装・インテリア専門で相談や依頼をしています。

白ベースがポイント

海老名にはリフォーム専門の業者による施工依頼ができます。模様替えをする要領で、プチリフォームをしたい施主は、コストのことを考えて、ホームセンターなどで材料を調達して、DIYで行うようです。しかし、どんなテイストの部屋にするにも、どんな色を、どこに、どんなふうに配置するかが重要になります。プロによる色選びの特徴としては、ベースカラーを白にするのが利口なやり方なのだそうです。家具や絵、カーテンなどに色があるためで、模様替え程度にリフォームをするならば、イメージチェンジがしやすくなるようです。