バックナンバー(月号)一覧

バックナンバーは全て公開しています。

最新号の閲覧には、
無料の会員登録が必要です

会員登録はこちら
  • 2017.4月号(2017.4.1発行) 

    2017.04月号

    ●城下町金沢の贅沢な味 青年農家の愛情が育てた水もしたたる「朝掘りタケノコ」

    ●栄養価はウナギに匹敵 深海魚「くにゃらの燻製」誕生までの女3人の苦心惨憺

    ●若狭の海を箱メガネでのぞいた 「天然ワカメ」初刈り伝馬船(てんません)同乗記

    ●夫婦茶筅で泡立てる 富山県朝日町の「バタバタ茶」

    ●昆布だし、塩、酒でふわっと「メギスの塩炒り」

    ●パリッカリッと香ばしい大人のつまみ「干し甘エビ」

    この号の記事一覧へ

  • 2017.3月号(2017.3.1発行) 

    2017.03月号

    ●舌の上で海の香りが弾ける プランクトン豊かな里海で、絶品「能登ガキ」が太る春

    ●能登杜氏直伝 糀(こうじ)造りの分厚いノートが生み出した伝統の「船味噌」をひと舐めする

    ●富山湾の春の宝 「ホタルイカ」はなぜワラ網で獲るのか

    ●早春に磯の香りを運ぶナマコの塩辛「このわた」

    ●「蔵造り醤油」のマイルドな塩気に乾杯!

    ●もっちりした食感を温かなあんで 「加賀れんこんの蓮蒸し」

    ●しっと~りジワジワッ!! 酒粕七変化。「堅どうふのみそっかす」の隠れ味がふいに舌を刺激する

    この号の記事一覧へ

  • 2017.2月号(2017.2.1発行) 

    2017.02月号

    ●山の湧水と意地で育てた最高A5等級「氷見牛」のとろけるうま味と舌ざわり

    ●元プロ競輪選手がクワ1本で熱血栽培 「加賀れんこん」のもっちり粘り味

    ●食通をうならせる富山湾朝獲れ魚の「一夜干し」が絶品だ

    ●猛毒の卵巣を塩と糠で漬けた珍味「ふぐの子漬け」

    ●厳寒の「ぶり尽くし」にしびれる!

    ●雪のように白い身を味噌仕立てで 「鱈汁(たらじる)」

    ●凍った身がシャキシャキ、ワタがとろっ! 能登で生まれた漁師料理の異端児「イカの地獄漬け」

    この号の記事一覧へ

  • 2017.1月号(2017.1.1発行) 

    2017.01月号

    ●街を捨て猟師になった男が 白山麓で熊を追い、イノシシを狩る その「ジビエ」の力強い味

    ●ごろんと巨大な「加賀丸いも」ボールのような球形に育てた若い農家の奮闘25年

    ●超肉厚・特大シイタケ「のと115」の異名は〝山アワビ〟

    ●麹と乳酸菌が醸す年始めのすし「かぶらずし」

    ●「ほちゃほちゃ大根」で男の料理教室だ

    ●昆布のうま味たっぷりのすまし汁「金沢の雑煮」

    ●魚と昆布のガチンコ味技しなやかトロリの「昆布〆」

    この号の記事一覧へ

  • 2016.12月号(2016.12.1発行) 

    2016.12月号

    ●棚田の有機米づくりを支えた「合鴨の肉」 あふれる滋味に満ち足りる

    ●日本海の香りがぎっしり 「香箱ガニ」の炊き込みご飯と酢の物

    ●学生相撲の猛者がつくる 「五郎島金時」は横綱級のうまさ

    ●能登の土に再起を賭けた 極上新米「コシヒカリアモーレ」 までの熱い道のり

    ●富山湾の底で捕えた 「真紅に輝く甘エビ」を味わってくれ

    ●カニ面、バイ貝、打木源助大根…… ハフハフじゅわぁ~の「金沢おでん」

    ●強烈な塩気とうま味がやみつきになる こんかいわし

    ●日本酒の香り⁉ 「幻の果物ポポー」の謎

    この号の記事一覧へ

  • 2016.10月号(2016.10.1発行) 

    2016.10月号

    ●塩づくり30余年の浜士に 伝統の「揚げ浜式製塩」を教わった

    ●若狭の甘鯛は日本一や! 寡黙なぐじ漁師「父子」の挑戦

    ●金沢人がこだわる「油揚げ」 外はパリッ! 中はふわふわぽっちゃり

    ●「祭り寿司」 海山の幸に感謝するハレの料理

    ●一噛み。「いちじく」の果肉がとろけだす

    ●熟成されたワタのうま味を堪能 「イカの塩辛」

    この号の記事一覧へ

  • 2016.9月号(2016.9.1発行) 

    2016.09月号

    ●「風のわさび」の鼻に抜けるうま味

    ●「網元」を目指してつかんだ 鮮度抜群! シロエビ漁師の人生

    ●昆布とニシンのうま味濃厚 ほちゃほちゃの「昆布巻き」

    ●「彩り素麺」 加賀野菜と大門素麺でカラフルな集いの食卓

    ●こなもの屋でイノシシ玉を喰らう!

    ●あらゆる料理に深みを加える能登の伝統調味料 「いしる」

    この号の記事一覧へ

< 1 2 3 >

最新号の閲覧には、
無料の会員登録が必要です

会員登録はこちら
pagetop